「ノー!」と思いきや・・・。

ブルドッグスのCrameriが、アドバンテージルールを使って、味方がもらったフリーキックを流してそのままプレーオン。

角度のないところからゴールを狙ったため、解説者も「ノー!」の声。

しかし、、、バウンドを計算して蹴っていたため、ボールはポールの間に吸い込まれました。

スキルに自信がないとできないプレーオンでした。

Leave a Comment