エッセンドンのダイナミックな動きを分析

エッセンドンの攻撃を分析です。

ハーフバックの反対側にいたプレイヤーが、グラウンドを横切って走り、プレーに関わります。

フォワードエリアで、バックスのプレイヤーが相手にプレッシャーをかけてターンオーバーしたボールを、最後はZaharakisがゴール。

走り続けプレーに関わり続けたことで生まれたゴールでした。

Leave a Comment