チームオブザウィーク Round 13

TOTW-header-2017rd133.jpg

ラウンド13のチームオブザウィークは、カールトンのディフェンダーがバックラインの半分を占めた。

最後のバイラウンドとなったが、残念ながら際立ったキー・フォワードはいなかった。

カールトン・ブルーズのトリオ、Liam Jones, Sam Docherty, Kade Simpsonは、ゴールドコーストからの勝利でアピールした。

シドニー・スワンズに負けはしたが、リッチモンドのディフェンスの二人、Davis AstburyとAlex Ranceはタイガースのためによくプレーした。

ウェスタン・ブルドッグスに大勝したメルボルン・デーモンズからは3人が選出され、そのうちの一人 Michael Hibbertは、6人目のバックラインのメンバーに選出された、

Christian Salem, Jeff Garlett, Clayton Oliver, Jordan Lewisの4人は惜しくも選考から外れた。

また、Trent Cotchin, Dan Hannebery, Mitch Duncan, Darcy Byrne-Jones, Oscar Mcdonald, Robbie Grayの4人も、選ばれておかしくなかった。

キーフォワードがいなかったため、ラックのNathan VardyとPaddy Ryderの二人がフォワードラインで選出された。

また、このチームのキャプテンを選ぶなら、間違いなく、サンズを相手に信じられない働きを見せたBryce Gibbsだろう。

Six things we learned from round 13

DAVID ASTBURY (Richmond): Alex RanceがLance Franklinとのマッチアップで素晴らしい仕事をしている間、重要なルーズマンの役割を果たした。12インターセプトポゼッション、13マーク、6ワンパーセンター

LIAM JONES (Carlton): ゴールドコーストのTom Lynchを完全に抑え込んだ。サンズのキャプテンTom Lynchは今シーズン27ゴールを蹴っていたが、この試合ではたったの1ビハインド、10タッチだった。

MICHAEL HIBBERD (Melbourne): チームオブザウィークに再度選出された元ボンバーズのディフェンダーは、27ディスポーザル369mゲイン、11マーク

TOTW-HB-2017rd12-v2.jpg

SAM DOCHERTY (Carlton): もう一人のチームオブザウィークの常連。30ディスポーザル、9マーク、585mゲイン

ALEX RANCE (Richmond): 昨年のラウンド23以来のFranklinとのマッチアップだったが、スワンズのスーパースターを1ゴール1ビハインドに抑え、華麗なプレーを見せた。21タッチ、10ワンパーセンター

WATCH: Rance v Franklin: The heavyweight battle

KADE SIMPSON (Carlton): SimpsonとDochertyのどちらかだけを選ぶわけにはいかなかった。33ディスポーザル、6リバウンド、14インターセプトポゼッション

 

 

TOTW-C-2017rd12.jpg

JAKE LLOYD (Sydney Swans): スワンズが変化を見せた第3クウォーターに重要な役割を果たした。その時に1ゴールを蹴り、最終的に25ディスポーザル、5クリアランス、5マーク

SAM MITCHELL (West Coast): 彼の身体能力がイーグルスのペースを作った。結果的にレポートを受けたジーロングのキャプテンJoel Selwoodとの対決で観客を楽しませ、チームへの貢献を果たした。29ディスポーザル、8タックル

CHRISTIAN SALEM (Melbourne): 彼のベストゲーム。タフでクリエイティブなプレーを見せ、23ディスポーザル、6タッックル、406mゲイン

TOTW-HF-2017rd12.jpg

LEWIS JETTA (West Coast): ここ数週間、良いフォームを見せていたが、ここにきてようやくイーグルスにフィットしてきた。20ディスポーザル、2ゴール、そしていくつかの完璧なキックを見せた。

JACK DARLING (West Coast): ゴールドコースト戦ではJosh Kennedyが抜けた穴を埋められなかったが、ジーロングからの勝利でそれを取り返した。7つのオーバーヘッドマーク、2ゴール

DAYNE ZORKO (Brisbane Lions): チームは負けたが、ライオンズのために勇敢にプレーし、ストッページでの原動力となった。32ディスポーザル(13コンテステッド)、12タックル、11インサイド50s、5クリアランス、2ゴール

TOTW-F-2017rd8.jpg

PADDY RYDER (Port Adelaide): 40ヒットアウトでラックコンテストを支配し、グラウンドプレーでも9コンテストポゼッション、5クリアランス、2ゴールと活躍した。パワーを勝利に導き、チームに不可欠な選手ということを証明した。

ERIC HIPWOOD (Brisbane Lions): 注目の若手が今後を期待させるスナップショットを見せた。運動能力を見せつけ、2ゴールを蹴った。

JEFF GARLETT (Melbourne): この静かなスモールフォワードはフォワードプレッシャーで9つのタックルで存在感を示した。また、2ゴールを蹴ったが、ミスがなければさらに多くのゴールを蹴っていただろう。

TOTW-foll-2017rd12.jpg

NATHAN VARDY (West Coast): この元キャッツは古巣に対し容赦なく、ラックで圧倒的なプレーを見せた。31ヒットアウト、15ディスポーザル

BRYCE GIBBS (Carlton): この試合で際立っており、カールトンの勝利に大きく貢献した。43タッチ、10タックル、8マーク、800mゲイン、2ゴール

WATCH: Gibbs delivers a game for the ages

OLLIE WINES (Port Adelaide): Robbie Gray, Brad Ebbertとのコンビでミッドフィールドを支配した。29ディスポーザル、8マーク、2ゴール

TOTW-IC-2017rd12.jpg

SEB ROSS (St Kilda): ギリギリの試合で傑出したプレーを見せた。不安定な試合でボールをうまくコントロールし、32ポゼッション、5クリアランス、6タックル

BACHAR HOULI (Richmond): ハーフバックで28ディスポーザル、7リバウンド、6タックルと相手を圧倒した。

JOSH KENNEDY (Sydney Swans): 1クウォーターのみのプレーだったが、とても重要なクウォーターとなった。3クウォーターまで、12タッチ(うち2キック)だったが、最終クウォーターだけで11タッチ、3クリアランス、1ゴールで、逆転勝利に貢献した。

The fans’ pick

PATRICK DANGERFIELD (Geelong): 34ディスポーザルでキャッツを勝利へ導き、ウェストコーストのLuke Shueyを抑え、56パーセントの得票でファンズピックを制した。

 

Check out the best 22 from previous rounds

Leave a Comment