ボクシングに気をとられてちゃダメ! 珍しい引き分けも 

何してんだろね~の金曜日。デーモンズに勝機はなんどもあったのに。Tomas Buggには6試合の出場停止、オフフィールドのやんちゃも含めてこれは見せしめ。

なんと国会議員まで参加して「ジロング凱旋キャンペーン」が始まったGary Ablett、出場するとゲームがしまる。

グランドファイナルを想定してか最後まで手を緩めないジャイアンツ、Gazza ならぬBuzzaが活躍してここまでやった子猫ちゃん、どちらも譲らず。でも最後のフリーを外したTom Hawkinsは負けた気持ちかも。

地元でタイガース相手に痛い星を落としたポートアデレード、絶好調続く番長そしてJackに超絶トリッキーなマークまで決められ、あれでは勝てません。

コリングウッドはキャプテンScott Pendleburyの250試合に勝利をプレゼントできず。

シドニー 85ーメルボルン 50
ウエストコースト 87ーウエスタンブルドッグス 80
アデレード 89ーカールトン 77
ゴールドコースト118ーノースメルボルン 99
グレーターウエスタンシドニー 68ージロング 68
リッチモンド 76ーポートアデレード 63
ブリスベン 90ーエセンドン 82
ホーソン 118ーコリングウッド 94
セントキルダ 89ーフリーマントル 80

上位3チームはまず勝てるでしょう。そのあと8ポイント差にひしめく5チーム、さらにその下は4ポイント差に6チーム、多分20節くらいまでこんな混戦は続くのでは。蚊帳の外の4チームには金星を期待…って後半に入ってから全然ティッピングが急降下している私からのお願い(ゆ)。

7月7日(金)アデレードーウエスタンブルドッグス、
7月8日(土)ホーソンーグレーターウエスタンシドニー、コリングウッドーエセンドン、シドニーーゴールドコースト、ブリスベンージロング、セントキルダーリッチモンド
7月9日(日)ノースメルボルンーアデレード、カールトンーメルボルン、ウエストコーストーポートアデレード

Leave a Comment