ボールの動きを分析してみよう。

エッセンドン・ボンバーズのボールムーブメントの分析です。

バックラインでKellyがインターセプトし、すぐに右サイドへ。

右サイドウイングが相手DFに埋められたので、スイッチプレーで左のウイングへ。

そして始めにボールをインターセプトしたKellyが左サイドへ抜けて中央部(コリドー)を空けます。

一番ボールを入れたいエリアにボールをキックし、相手DFを置き去りにするとオープンになったFWラインへ正確なキック。

すべてが計算されたかのような見事なボールムーブメントになりました。

Leave a Comment