再び「なんだよ、あの試合」デーモンズ11年ぶりのファイナル出場ならず

月曜日の朝、新聞を買いにいくとカールトンファンの店のおじさんが「なんだよ、あの試合」。自力で決められなかったのはまだまだ力不足だとしか。緊張で自分たちらしい試合ができなかったのならそれまでとしか。目の前で見せられたJeremy Howeのスーパーマークに至っては返す言葉がございません。ということで私のシーズンはがっかりに終わり、その反動から風邪で寝込むことに。

負けないことから「砦」とまで言われた本拠地・スビアコスタジアムの最後の公式戦でイーグルスも負けるわけにはいかなかったし。

残ったチームで心配の種があるのはジャイアンツの攻撃陣くらい(どうしたStevie J)、リッチモンドに至ってはここ5年で最高のシリーズが望めそうな状態(最後まで行ける、とは言っていないのことよ)でファイナルを迎える。

コールマンメダルは最後の試合で10ゴール蹴ったLance Franklin。オールオーストラリアンには26人中8人がアデレードからとシーズンの好調を象徴する結果に。

ホーソン 99ーウエスタンブルドッグス 90
コリングウッド 99ーメルボルン 83
ノースメルボルン 130ーブリスベン 79
シドニー 138ーカールトン 57
ジロング 103ーグレーターウエスタンシドニー 59
ポートアデレード 135ーゴールドコースト 20
エセンドン 107ーフリーマントル 92
リッチモンド 122ーセントキルダ 81
ウエストコースト 100ーアデレード 71

1週休んでファイナルシリーズ。土曜日の2試合は負けると後がないエリミネーション・ファイナル。これはどちらも地元が有利。エセンドンはJobe Watsonがタガーにまわってスワンズの中盤を止めるという噂も。ボンバーズは本当によく戦ったご褒美の出場だな。このあとの組み合わせ次第ではアデレード同士、はたまたシドニー同士のグランドファイナルの可能性もありになってきた。(ゆ)。

9月6日(木)アデレードーグレーターウエスタンシドニー
9月7日(金)ジロングーリッチモンド
9月8日(土)シドニーーエセンドン、ポートアデレードーウエストコースト

Leave a Comment