守りだけじゃない。

Sam Reidはこの日、相手のキーマンにマークにつき、抑え込む重要な役割を与えられました。

しかし、経験豊かなSam Reid。相手につくだけではなく、自らリスクを冒して攻撃も仕掛けました。

フォワードラインに入ったボールを追いかけピックすると、サイドステップで相手をかわしてすぐにキック!

流れるようなきれいな所作でゴールを奪いました。

Leave a Comment