2017年シーズン開幕 番狂わせありのスタート

今シーズンもご愛読よろしくお願いします。ブルドッグスが7位からファイナルシリーズを駆け上がった優勝が記憶に新しい今シーズン、昨年よりもっと混戦が予想されてるだけに楽しみ、開幕ラウンドはその前兆か。

今シーズン末で契約が切れる番長Dustin Martin、周囲の雑音も気にせず4ゴール、33ディスポーザルはお見事。Murphyも復活、追われる立場になってゲームプランを変えてくるかと思われたブルドッグス、周囲が締め付けにかかってエラーを誘う、僅差でも負けない。新加入Travis Cloakも蹴った。

 

番狂わせはポートアデレードとエセンドン。特にエセンドンは苦しかったここ4シーズンを解き放つような快勝、しかも相手はホークス!ホークスといえば、放出したベテラン2人、Sam Mitchell (ウエストコースト)、Jordan Lewis(メルボルン)がそろって新天地で初勝利に貢献。

 

ブリスベンは女子の奮闘に刺激されたか、新キャプテンDayne Beamsがいいみたい。きびしいシーズンになりそうなカンガルーズ、敵になったDrew Petrieに惜しみなく拍手するファンの心の広さがかえって切ない。フリーマントル、こちらも実はきびしそう。AFLはチームスポーツですからね。そして最後に、勝ちました。デーモンズ。14連敗中のセインツに。

 

リッチモンド 132ーカールトン 89
ウエスタンブルドッグス100ーコリングウッド 86
ポートアデレード 110ーシドニー 82
メルボルン120ーセントキルダ 90
エセンドン116ーホーソン 91
ブリスベン 98ーゴールドコースト96
ウエストコースト136ーノースメルボルン 93
アデレード 147ーグレートウエスタンシドニー91
ジロング 115ーフリーマントル 73

メルボルンは11年ぶりの開幕2連勝がかかる。大丈夫でしょう、多分、ってこれ、去年からのコピペなんです。でも去年はここでつまづいたんだよな…。攻撃陣が今年も熱いアデレード、Texも帰ってきてホーソン連敗、危うし?初勝利がかかるGWS対GC、連勝がかかるエセンドン対ブリスベン、半年ぶりにそれぞれの地元ラジオ局のアナウンサーのコールが楽しみ。金曜日はグランドファイナルのリターンマッチも忘れないでね(ゆ)。

3月30日(木)コリングウッドーリッチモンド
3月31日(金)ウエスタンブルドッグスーシドニー
4月1日(土)ホーソンーアデレード、グレートウエスタンシドニーーゴールドコースト、ブリスベンーエセンドン、ウエストコーストーセントキルダ
4月2日(土)ジロングーノースメルボルン、メルボルンーカールトン、ポートアデレードーフリーマントル

Leave a Comment