チームオブザウィーク Round 16

TOTW-header-2017rd133.jpg

ラウンド16のチームオブザウィークは長身フォワードが目立つラウンドとなった。

GWSの大型フォワードJonathan Pattonは、Hawthornとの引き分け試合で5ゴールを決め好調を維持、一方Port AdelaideのCharlie DixonもWest Coastとの試合で効果的なパフォーマンスを見せると、AdelaideのスキッパーTaylor Walkerもブルドッグスに対して最高のパフォーマンスを見せた。

それはSt.KildaのベテランNick RiewoldtとMelbourneのTom McDonaldのtwitter投票にも影響を及ぼし、57パーセントの得票率でNick Riewoldtが勝利した。Riewoldtは3ゴールでRichmondのスターAlex Ranceを無効化し、McDonaldは4ゴールでCarltonからの勝利に貢献した。

ポートのラックマンPaddy RyderはWest Coastに対し圧倒的なパフォーマンスを見せたが、Matthew KreuzerのMax Gawnに対するエフォートの前に敗れた。

Nine things we learned from round 16

TOTW-B-2017rd16.jpg

NEVILLE JETTA (Melbourne): ディフェンスで素晴らしいパフォーマンスを続け、14ディスポーザル(92%エフィシエンシー)、5マークを獲得。そして最も重要なのは彼のスポイルとセカンドエフォートであり、それらは間違いなくMelbourneの勝利を助けた。

JAKE LEVER (Adelaide): 彼の見せた卓越したデシジョンメイキングはチームメイトを助けた。22タッチ、11マーク、8ワンパーセンター。

RORY LAIRD (Adelaide): 安定のバックマンは32ディスポーザル、11マーク、651mゲインで効果的な働きを見せた。

TOTW-HB-2017rd12-v2.jpg

CONNOR BLAKELY (Fremantle): サーフィンのためにクラブから出されていた出場停止が解け、バックラインのルーズマンとしてプレーし、32ディスポーザル、12マーク、7リバウンド50sを記録。

MICHAEL HURLEY (Essendon): 昨年1年間の出場停止はこのキーディフェンダーを傷つけることなく、好調のシーズンを続けている。30ディスポーザル、11マーク、8リバウンド50s

DANE RAMPE (Sydney): 第2クウォーターではGold CoastのTom Lynchを圧倒し、その後も彼をノーゴールに抑えた。25ディスポーザル、13マークでスワンズでの彼の重要性を証明した。

 

 

TOTW-C-2017rd12.jpg

 

MITCH DUNCAN (Geelong): A好調のシーズンでまた素晴らしいパフォーマンスを見せた。Lionsに対し、38ディスポーザル、8クリアランス、2ゴール。

PATRICK DANGERFIELD (Geelong): Only two days after the birth of his first child George, the superstar Cat turned it on and was prolific alongside a host of good Geelong players. Finished with 38 disposals and three goals.長男Georgeの誕生から2日後、Catsのスーパースターはそれを励みに素晴らしいパフォーマンスを見せた。38ディスポーザル、3ゴール。

JACK STEVEN (St Kilda): ミッドフィールドで33ディスポーザル、14コンテステッドポゼッション、5インサイド50s。第2クウォーターで印象的なハンドオフからのゴールを見せセインツの勝利に貢献した。

 

TOTW-HF-2017rd12.jpg

DAYNE ZORKO (Brisbane Lions): 敗戦チームの中でも素晴らしいパフォーマンスを見せた。グラウンドを縦横無尽に動き、36タッチ、4ゴール、10クリアランス、12タックル、726mゲイン。

TAYLOR WALKER (Adelaide): 昨年のチャンピオンに対し、キャプテンはチームをリードした。空中戦を制し、18ディスポーザル、13コンテステッドマーク、3ゴール。

WATCH: Big Tex tames the Dogs

GARY ROHAN (Sydney): オーバーヘッドの強さとフォワードでの役割で、コーチJohn Longmireからの賞賛を得た。5ゴール、12スコアインボルブメント、9マーク(4インサイド50)

WATCH: Dominant Rohan sets career-high

TOTW-F-2017rd8.jpg

ORAZIO FANTASIA (Essendon): この電撃的なスモールフォワードはキャリアハイの5ゴールを決め、最高のパフォーマンスを見せた。8スコアインボルブメント、5タックルで、ボマーズの連敗脱出を助けた。

JONATHON PATTON (Greater Western Sydney): Giantsの2度目の引き分けの中、10マーク、5ゴールで圧倒的なパフォーマンスを見せた。

WATCH: Five-star General valiant in draw

CHARLIE DIXON (Port Adelaide): 昨年はPowerのフォワードとして目立った存在ではなかったが、2017年の活躍で大型契約を結んだ。5ゴールを決め、Paddy Ryderのバックアップラックとして効果的な働きをした。

TOTW-foll-2017rd12.jpg

MATTHEW KREUZER (Carlton): All AustralianラックマンMax Gawnを相手に、Kreuzerはグラウンドでのプレーで総合的にリードしていた。18ディスポーザル、11コンテステッドポゼッション、1ゴール。

NAT FYFE (Fremantle): This was the game that showed the Dockers superstar was back. He played a vintage first half on his way to picking up 33 disposals, 18 contested possessions and a goal.声はDockersのスーパースターが戻ってきたことを示す試合だった。前半彼らしいプレーを存分に見せ、33ディスポーザル、18コンテステッドポゼッション、1ゴールをマークした。

MARC MURPHY (Carlton): Patrick CrippsとSimon Whiteが第2クウォーターの怪我でグラウンドをさった後、このスキッパーが彼らの穴を埋めた。35ディスポーザル、2ゴール。

TOTW-IC-2017rd12.jpg

TOM MITCHELL (Hawthorn): このボールマグネットがAFL記録を破り、12試合連続30ディスポーザル以上を記録した。9タックル、10クリアランス、1ゴール。

SEB ROSS (St Kilda): Jack Stevenとともに中盤を支配し、33ディスポーザル、10コンンテステッドポゼッション、8タックル、10スコアインボルブメント、5クリアランス、5インサイド50s、1ゴール。

BRAD EBERT (Port Adelaide): 古巣相手にこの試合最高の31ディスポーザルを記録。11コンテステッドポゼッション、8クリアランス。

The fans’ pick

NICK RIEWOLDT (St Kilda): 3ゴールでrichmondのバックマンAlex Ranceをシャットアウトし、twitter投票ではDemonsのTom McDonaldに競り勝った。

Check out the best 22 from previous rounds

Leave a Comment