5チームがシーズン初勝利

タックル、タックルでシーズン初勝利をアウェイで呼び寄せたコリングウッド。危うしになった後半、バケツをひっくり返したような雨にも助けられたリッチモンド(フアンの方、喜ぶのはまだ早い)。

そして強いチームとそうでないチームの違いがくっきり出たのがジロングーメルボルンとアデレード・ダービー。そうでないチームはフィジカルでもメンタルでも息切れしちゃうのね。まあ第4クォーターに9ポインター並の遠距離ゴールを2本も敵のキャプテンに蹴られてもあきらめるなっていう方が酷か。観客はまたまた記録の5万3698人。メルボルンはMax Gawnを筆頭にケガ人続出が心配。

 

ここまでしっくり来ていなかったフリーマントル、Nat Fyfeがゲーム中に十字を切っているスクープ写真のキャプションには「神頼みでつかんだ初勝利」。セントキルダはまだまだ引退できそうにない元キャプテンに、カールトンは今シーズン絶好調のキャプテンに引っ張られて、そしてゴールドコーストはチーム創設以来、最多得点差でいずれもシーズン1勝目。

 

 

コリングウッド80ーシドニー 79
グレートウエスタンシドニー 109ーノースメルボルン 67
リッチモンド 76ーウエストコースト 65
ジロング 126ーメルボルン 97
アデレード 100ーポートアデレード 83
フリーマントル 89ーウエスタンブルドッグス 79
セントキルダ 107ーブリスベン 76
カールトン 57ーエセンドン 42
ゴールドコースト 139ーホーソン 53

イースター・ホリディで5日間に渡る長いラウンド。ナショナル・ラグビー・リーグに遅れをとっていたグッドフライデーに史上初の試合開催、でも午後4時20分からドックランドって、すごくビミョー。評判が良ければこの対戦カードが毎年定番になるという計画もあるそうな。ハイライトは崖っぷちで片目の開いたコリングウッド対セントキルダかも。3連敗中の3チーム(シドニー、ノース、ホーソン)にとってはまたまた厳しい組み合わせ。そして3連勝中の3チーム(アデレード、リッチモンド、ジロング)にはポイント稼ぎになりそう(ゆ)。

4月13日(木)ウエストコーストーシドニー、
4月14日(金)ノースメルボルンーウエスタンブルドッグス、
4月15日(土)メルボルンーフリーマントル、グレートウエスタンシドニーーポートアデレード、カールトンーゴールドコースト、アデレードーーエセンドン、
4月16日(日)コリングウッドーセントキルダ、ブリスベンーリッチモンド、
4月17日(月)ホーソンージロング

Leave a Comment