R20 vs. Adelaide 首位のチームに力負け

ESSENDON    2.2    5.4     9.7    12.8    (80)
ADELAIDE      5.3    10.6   14.9   16.15   (111)

アデレード・クローズは力の差を見せつけ、43点差でエッセンドンを下した。第2クウォーターから第3クウォーターにかけて、一気に猛攻を受けたエッセンドン。第3クウォーターの中盤には一時44点の差をつけられるなど、相手の勢いに圧倒された。

エッセンドンも試合終盤にかけて何ゴールか返したが、19点差より点差が縮まることなく、さらに終了直前の5ゴールは全てクローズに奪われ、80対123で力負けした。

クローズは現在1位で得点率も高く、残り2試合で負けても、3位のキャッツがかなりの点差で2勝しない限りは2位以内に入ることができ、ファイナルを有利に戦える位置だ。

エッセンドンはクローズに対してこれで4連敗。今回の31点差は今までの平均の点差に比べると良くはなったが、両チームの際は歴然だった。

Matt Crouchはゲーム最高の35ポゼッション、7クリアランスとクローズの中盤を支えた。Richard Douglas(23ポゼッション、2ゴール)とBrodie Smith(23ポゼッション、2ゴール)も活躍し、ディフェンダーのLuke BrownはエッセンドンのフォワードAnthony McDonald-Tipungwutiをノーゴールに封じた。

クローズのフォワードのJosh Jenkinsは3ゴール、11マーク、さらにTaylor Walkerも2ゴール、7マークとエッセンドンのディフェンスを苦しめた。

エッセンドンはこの敗北で、自らファイナル進出を決めることが難しくなり、他のチームの勝敗に左右される状況だ。残り2試合は相性の良いゴールドコースト・サンズと、今シーズン波に乗り切れていないフリマントルドッカーズの2チームとなっている。

この試合で評価できる点はJoe DaniherとCale Hookerの両フォワードの活躍だった。Daniherは要所でゴールを決め合計3ゴールの活躍。今シーズンのゴールは合計59回となり、現在得点王のJosh Kennedyを1ゴール差で追っている。

もう1人のキーフォワードであるHookerも苦手だったセットショットからのゴールを含む4ゴールと活躍した。

Michael Hurley(34ポゼッション、8マーク)はディフェンスラインでチームを支え、1年目のAndy McGrathは相手のフォワードEddie Bettsを抑えながらも25ポゼッションを獲得し、競り勝っていたシーンが多かった。

今シーズン限りでの引退を発表したばかりのJobe Watsonは多くのポゼッションは獲得しなかったものの、第3クウォーターにゴールを決め、スタジアムを沸かせた。

エッセンドンは来週、ゴールドコーストでサンズと戦う。ファイナル進出に向けて大切な一戦となるだろう。

GOALS
Essendon: Hooker 4, Daniher 3, Stewart 2, McKenna, Watson, Colyer
Adelaide: Jenkins 3, Douglas 2, McGovern 2, Walker 2, Smith 2, Greenwood, Lynch, Knight, Atkins, Mackay, B.Crouch

BEST
Essendon: Zaharakis, Hurley, McGrath, Hooker, Daniher, Leuenberger
Adelaide: Atkins, M.Crouch, Douglas, Smith, Sloane, Laird

INJURIES
Essendon: Daniher (finger)
Adelaide: Walker (ankle), Sloane (left leg)

Reports: Nil
Umpires: Dalgleish, Williamson, Pannell
Official crowd: 38,487 at Etihad Stadium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です