R21 vs. Eagles 勝利でトップ4が確実に

GIANTS:             2.1   7.4   8.6   12.9   (81)
WEST COAST:   3.1   6.3   8.5    9.6   (60)

ジャイアンツは最終クウォーターにイーグルスを突き放し、21点差の勝利をあげた。この勝利で4位以内が確定となり、ファイナルを有利に戦えるようになる。

イーグルスはファイナル進出に向けて熾烈な8位争いをしており気迫が感じられたが、ジャイアンツもKellyが43ディスポーザルとクラブ最高記録を更新するなど、素晴らしい試合運びを見せた。また、Kellyは1ゴールの他にもアシストも見せ、攻守にわたり活躍を見せた。

22歳の彼の存在感は際立っており、何度もボールを獲得するとそれをチームメイトにつなげ、チームの軸となって戦いを進めていた。ジャイアンツにとって非常に貴重な存在となっているKellyだが、彼は他のクラブとも契約の話があがっており、まだ来期についてジャイアンツと契約に至っていない。

「彼にとってこの1年はとても意味のあるものになっている。彼は我々にとって非常に貴重な存在だ。」

「契約に関してそろそろ決断しなくてはいけない時期だ。我々は彼に残ってほしいし、彼がそれを希望していることを願うばかりだ。」

「契約の話が取り沙汰されているにも関わらず、彼は安定して素晴らしいパフォーマンスを見せている。非常に素晴らしいプレイヤーだ。我々が彼を必要としているのは明白だ。」

試合終盤で、イーグルスのKennedyがこの日4ゴール目となるゴールを決め、点差は1点に縮まった。しかし、今年のジャイアンツは粘り強い。

Toby Greeneが3ゴール目を決めて、すぐにゴールを取り返すと、Mumfordと Kellyもそれに続き、イーグルスの逆転の望みを断った。

「試合はうまくマネジメントできていたが、結果につながらず非常に残念だった。」

試合後にイーグルスの監督、Adam Simpsonは肩を落とした。

また、ジャイアンツのCameron監督は、Kellyが頭を打ったにも関わらず試合に戻ったことについて語った。

「クラブのドクターは非常に注意深く、それは慎重に慎重を重ねた上で、プレイヤーが試合に復帰できるかどうかを判断している。」

「慎重に彼の状態をモニターして、その結果の判断だった。」「確かに大きなコンテストで心配もしたが、彼はただ勝利を欲していた。」

ジャイアンツは試合には勝利したものの、相手のプレッシャーを受けながらのプレーに課題も残した。判断ミスが続き、相手にターンオーバーされる場面も多く、修正が必要だ。

「ターンオーバーは少しひどかった。」Cameron監督もそれを認めている。

今回の勝利で次節土曜日のジロング・キャッツ戦が、2位3位の争いとなる。今回シドニーダービー以外での観客動員数の最高記録を15,751人へと更新したジャイアンツ。ファンが待ち望む初優勝を目指し、シーズン最終節を迎える。

GOALS
GIANTS: Greene 3, Deledio 2, Patton, Whitfield, Wilson, Shiel, Kelly, Mumford, Scully
West Coast: Kennedy 4, Priddis 2, Petrie, Cripps, Partington

BEST
GIANTS: Kelly, Whitfield, Wilson, Ward, Haynes, Corr
West Coast: Yeo, Priddis, Hutchings, Shuey, Redden, Kennedy

INJURIES
GIANTS: Nil
West Coast: Nil

Reports: Nil
Umpires: Schmitt, Williamson, Ryan
Official crowd: 15,751 at the Spotless Stadium

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です