今シーズン初 まさかの引き分けはセインツが勝っていた…かも

アデレード 85 v シドニー 75

セントキルダ73 v グレーターウエスタンシドニー 73

ウエストコースト 79 v カールトン 69

ジロング 84 v ポートアデレード50

フリーマントル 108 v ウエスタンブルドッグス 54

ノースメルボルン 98 v ホーソン 70

ゴールドコースト 76 v ブリスベン71

リッチモンド102 v メルボルン 56

コリングウッド 101 v エセンドン 52

Betts もCrouch兄弟も Sloaneも欠場のなか、敵地でスワンズを倒したクロウズは優勝したみたいなだったな。そして今シーズン初のまさかの引き分け、セインツはサイレン直前でペナルティをもらえていれば後半押しまくっていただけに勝っていた(はず)。でもそこで引き分けてしまうのがセインツっちゃあセインツ。

久しぶりに激しい当たり合いでけが人続出のアデレード・オバール。ポートはムダが多すぎ。そしてノースメルボルンは連勝。秋の椿事なんていわれてるけど、前半を破竹の連勝で飾り、上位と戦いはじめてぱったり勝てなくなった一昨年よりもヘルシーなシーズンのよう。

タイガース、どこからでも蹴れるのは強い証拠。デーモンズ、出だしは良かったんだけど…今年も期待が大きすぎるのか。ANZAC Day。この試合用の特注ジャージは赤いななめのサッシュをポピーで飾ったボンバーズの勝ちだったけど、試合は全クォーターを収めたマグパイズ快勝。

サーフェスが大変硬くて練習使用禁止令がでたパースの新しいスタジアムでは初ダービー、すでに満員札止めとの情報も。中1週間で準備万端のこのチームに対してボンバーズとマグパイズは中3日。タイガースとマグパイス、こちらもすごいことになりそう(ゆ)。

27日(金)

ウエスタンブルドッグス v カールトン

28日(土)

ジロングv シドニー

ノースメルボルンv ポートアデレード

グレーターウエスタンシドニー v ブリスベン

ホーソン v セントキルダ

アデレード v ゴールドコースト

29日(日)

エセンドン v メルボルン

コリングウッド v リッチモンド

フリーマントル v ウエストコースト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Leave a Comment