SelwoodからのクリアランスをAblettが50Mから難なくゴール… 夢のような開幕ラウンド

リッチモンド 121 v カールトン 95

エセンドン 99 v アデレード 87

セントキルダ 107 v ブリスベン 82,

ポートアデレード 110 v フリーマントル60

ゴールドコースト 55 v ノースメルボルン 39

ホーソン 101 v コリングウッド 67

グレーターウエスタンシドニー 133 v ウエスタンブルドッグス 51

ジロング 97 v メルボルン 94

シドニー 115 v ウエストコースト 86

シーズン開幕。今年もご愛読と「いいね」よろしくお願いいたします。最初の節は結果が読みやすい組み合わせが多かったけど、それでもワクドキ度は数倍。カールトンまさかの第1クォーター5ゴール先制の猛攻、昨シーズンまでならおそらく逆転されてるであろうボンバーズの第4クォーターのふんばり、そしてあのコンディションでも試合は決行、ケアンズのどしゃ降り。

秋晴れのアデレードはJack Watts、Steven Motolopの移籍組が華々しく蹴ってパワー快勝。パースの新しいスタジアムでは寝技ゴールにBuddy Franklin(考えてみたら西オーストラリアン出身ですね)8ゴールの大暴れ。ジャイアンツのゴールキッカーコンビ、Jeremy Cameron とToby Greeneは2人で10ゴール。

でもこの節のハイライトはやっぱりMCGでJoel Selwoodからのクリアランスを50メートルからGary Ablettが難なく決めたゴールかな。時間が逆戻りしたような夢のようなシーン。一方われらがGawn ちゃん、彼にはドラマがよく似合う。とほほ。

<第2節>
イースター・ホリデーにかかる週末はグランドファイナルのリターンマッチ、アデレードのホーム。昨年からはじまったグッドフライデー、カンガルーズの対戦相手は今年はセインツ。日、月の2ゲームは今年のファイナルシリーズの予行演習というと少し気が早すぎかしら。ブルドッグスのスター・ミッドフィールダーTom Liberatoreはアキレス腱裂傷?でシーズン絶望の可能性大。戌年なのに(ゆ)。

3月29日(木)アデレード v リッチモンド

3月30日(金)ノースメルボルン v セントキルダ

3月31日(土)カールトン v ゴールドコースト、コリングウッド v グレーターウエスタンシドニー、ブリスベンv メルボルン、フリーマントルv エセンドン

4月1日(日)ウエスタンブルドッグス v ウエストコースト、シドニー v ポートアデレード

4月2日(月)ジロングv ホーソン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Leave a Comment